未分類

トイレがつまったら

By on 2018年5月30日

もしトイレがつまったら、まず何がつまっているのか可能性を考えてみましょう。つまっているものによって対処の方法が変わってくるからです。

スリッポントイレのつまりの原因が明らかに紙類であると考えられ、時間はかかるがゆっくりと水が引いていく、または全く水が引かないという状態である場合は、薬品などを用い、つまっている紙を解かした後、スッポンを使ってみましょう

しかし、紙以外のものを流してしまったことが原因と考えられる場合や、何も流していないのにつまりが発生したりした場合は、薬品やスッポンでは問題を解決することはできません。見えない個所に紙以外の異物がつまっているのが原因と考えられますから、それを取り除くにはトイレ修理専門業者の助けを借りるべきです

何も流していないのにつまりが発生する場合も、排水管の異常や、水流の圧力不足などの原因が考えられますから速やかにトイレ修理専門業者に相談するべきでしょう。原因を考えずにトイレのつまりに対応してしまうと、つまりが解消されないばかりではなく、状況が悪化してしまい、その後トイレ修理専門業者を呼んだ時にも修理が大掛かりになり余計に時間やコストがかかってしまうということになりかねません。もし、つまりの原因が不明な場合は、遠慮せずに依頼をしましょう。

参照リンク〔水道救急センター / トイレつまり相談

未分類

流してはいけないもの

By on 2018年5月6日

ティッシュペーパートイレに流してはいけないものとは何でしょうか。まずティッシュペーパーです。ティッシュペーパーはトイレットペーパーと違い水に溶けない素材でできているものがほとんどなのです。例えば、ティッシュペーパを1時間ほど水に浸けた後、自ら引き上げてみても、原形を留めています。トイレットペーパーのようにどろどろには溶けません。ティッシュペーパーはたとえ1枚のみでも水には溶けにくいので、これが数枚重なったりしますとつまりの原因となるのです。ティッシュペーパーは見た目がトイレットペーパーとよく似ているのでつい使用してしまうことがありますが、つまりを避けるためにもできるだけトイレでの使用は控えましょう。

ティッシュペーパー以外にも、赤ちゃんのお尻拭きや、お掃除シートなど、溶けにくい素材の紙類を流すことによってトイレのつまりが発生することもよくあります。不注意で異物をトイレに流してしまい、それがつまりの原因になることもあります。意外とよくあるケースは、トイレのタンクの上に置いてあった芳香剤の入れ物や、棚の上に置いてあった生理用品、壁に掛けてあった手を拭くタオルなどがトイレの中に落ちてしまったというものです。できるだけトイレの上部には何も置かないようにした方が安全です。

トイレがつまったら

未分類

流してもいいもの

By on 2018年5月2日

ティッシュペーパートイレに流してもいいものとは何でしょうか。トイレに流してもいいものは、用を足す以外ではトイレットペーパーのみである、と認識しておいて間違いはないでしょう。

トイレットペーパーを1時間ほど水に浸けてみると、どろどろに溶けます。もちろんトイレットペーパーと言えども、大量に流してしまうとつまることがありますが、流したものがトイレットペーパーのみであったならば、トイレがつまった状態であっても、少し時間を置けば自然にトイレットペーパーが溶けてつまりが解消することもあるのです。

トイレットペーパーはダブルタイプよりシングルタイプの方が万が一つまった時でも溶けやすいですし、水に溶けやすいことをセールスポイントにしているトイレットペーパーもありますのでご家族で大量にトイレットペーパーを使用する場合はそれらのタイプを選ぶとよいでしょう。

最近のお尻洗浄タイプトイレの普及とともに、トイレットペーパーのみが原因のトイレのつまりが発生ことは急激に少なくなっています。お尻洗浄を行うことでトイレに流されるトイレットペーパーが少なくなったことが原因と考えられています。トイレがよくつまる原因がトイレットペーパーを大量に流してしまうことであると考えられるのならば、お尻洗浄タイプの便器に交換することも解決策の1つとなります。

流してはいけないもの

未分類

トイレのつまりの原因

By on 2018年5月1日

トイレ毎日、使用するトイレ。そのトイレが突然つまって水が流れなくなったりしますと大変焦るでしょう。そう頻繁に直面するトラブルではありませんので、どのように解決すればいいのか想像がつきません。

トイレがつまるには、どのような原因があるのでしょうか?可能性としてはトイレや排水管が古くなり劣化してしまったこと。次にトイレを使用する人が、トイレに流してはいけないものを流してしまったことが考えられます。

トイレがつまった時には、何を流したか思い起こしてみましょう。ご家族がいらっしゃる場合は、最近何かトイレットペーパー以外のものを流したことがあるかどうか確認しましょう。流したものによっては、薬品やスッポンを使って無理につまりを解消しようとすると事態が悪化してしまうことも考えられるからです。

トイレのつまりを予防するためには、まずトイレに流してもいいものといけないものをご家族全員ではっきりと知っておくことが大切です。例えば、トイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを流してしまう方もいらっしゃると思うのですが、ティッシュペーパーがトイレのつまりの原因であることがよくあるのです。赤ちゃんの紙おむつを流してしまったとか、お尻のポケットに入れていた手袋を落としてしまい、そのまま流してしまいそれがつまりの原因であったという事例もあります。

このサイトでは、不快なトイレのつまりの発生を未然に防ぐことができるよう、トイレに流してもいいものといけないものを詳しく解説させていただきます。

流してもいいもの