トイレのつまりの原因を知り、対策を考えよう!

トイレに流してもいいものといけないものについて
未分類

流してもいいもの

2018年5月2日

ティッシュペーパートイレに流してもいいものとは何でしょうか。トイレに流してもいいものは、用を足す以外ではトイレットペーパーのみである、と認識しておいて間違いはないでしょう。

トイレットペーパーを1時間ほど水に浸けてみると、どろどろに溶けます。もちろんトイレットペーパーと言えども、大量に流してしまうとつまることがありますが、流したものがトイレットペーパーのみであったならば、トイレがつまった状態であっても、少し時間を置けば自然にトイレットペーパーが溶けてつまりが解消することもあるのです。

トイレットペーパーはダブルタイプよりシングルタイプの方が万が一つまった時でも溶けやすいですし、水に溶けやすいことをセールスポイントにしているトイレットペーパーもありますのでご家族で大量にトイレットペーパーを使用する場合はそれらのタイプを選ぶとよいでしょう。

最近のお尻洗浄タイプトイレの普及とともに、トイレットペーパーのみが原因のトイレのつまりが発生ことは急激に少なくなっています。お尻洗浄を行うことでトイレに流されるトイレットペーパーが少なくなったことが原因と考えられています。トイレがよくつまる原因がトイレットペーパーを大量に流してしまうことであると考えられるのならば、お尻洗浄タイプの便器に交換することも解決策の1つとなります。

流してはいけないもの