トイレのつまりの原因を知り、対策を考えよう!

トイレに流してもいいものといけないものについて
未分類

トイレのつまりの原因

2018年5月1日

トイレ毎日、使用するトイレ。そのトイレが突然つまって水が流れなくなったりしますと大変焦るでしょう。そう頻繁に直面するトラブルではありませんので、どのように解決すればいいのか想像がつきません。

トイレがつまるには、どのような原因があるのでしょうか?可能性としてはトイレや排水管が古くなり劣化してしまったこと。次にトイレを使用する人が、トイレに流してはいけないものを流してしまったことが考えられます。

トイレがつまった時には、何を流したか思い起こしてみましょう。ご家族がいらっしゃる場合は、最近何かトイレットペーパー以外のものを流したことがあるかどうか確認しましょう。流したものによっては、薬品やスッポンを使って無理につまりを解消しようとすると事態が悪化してしまうことも考えられるからです。

トイレのつまりを予防するためには、まずトイレに流してもいいものといけないものをご家族全員ではっきりと知っておくことが大切です。例えば、トイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを流してしまう方もいらっしゃると思うのですが、ティッシュペーパーがトイレのつまりの原因であることがよくあるのです。赤ちゃんの紙おむつを流してしまったとか、お尻のポケットに入れていた手袋を落としてしまい、そのまま流してしまいそれがつまりの原因であったという事例もあります。

このサイトでは、不快なトイレのつまりの発生を未然に防ぐことができるよう、トイレに流してもいいものといけないものを詳しく解説させていただきます。

流してもいいもの